連載

支局長からの手紙

毎日新聞デジタルの「支局長からの手紙」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

支局長からの手紙

「学ぶ」ということ /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
神戸女学院大名誉教授で思想家の内田樹さん=神戸市東灘区の凱風館で、佐竹義浩撮影
神戸女学院大名誉教授で思想家の内田樹さん=神戸市東灘区の凱風館で、佐竹義浩撮影

 ある高校の校長先生と話す機会があり、近年は教育改革が進んでいる、と教えていただきました。「主体的・対話的で深い学び」(アクティブ・ラーニング)による授業が進んでいるそうです。

 授業方法が変わることは理解できましたが、「教育」をもっと広い意味で捉えるべきでは、という気もしました。そこで「街場の教育論」「先生はえらい」などの著書がある神戸女学院大名誉教授で思想家の内田樹(たつる)さんに、改めて「学びの本質」について伺いました。

 私は、学びとは教える側と教えられる側の、それぞれ個人的な関わりだと思っていたのですが、内田さんは「それは間違い」と明快に否定されました。

この記事は有料記事です。

残り1028文字(全文1311文字)

あわせて読みたい

注目の特集