メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バレーボール

カザフスタン女子代表、小中学生と交流 橿原 /奈良

カザフスタンの選手(左)を相手にレシーブの練習をする参加者たち=奈良県橿原市で、藤原弘撮影

 中央アジア・カザフスタンの女子バレーボールナショナルチームの選手らが22日、橿原市久米町の聖心学園中等教育学校体育館で、市内外の小中学生らと一緒に練習して交流した。選手たちは29日に開幕する「2018女子バレーボール世界選手権」のため来日し、橿原を拠点に事前合宿をしている。

 この日は市立畝傍、大成各中学校のバレーボール部員…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文408文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. 拳銃強奪容疑者、電車で逃走図る ICカード不具合で入れず
  4. 負の連鎖断ち切る 児童虐待 親支援で再発防止
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです