バレーボール

カザフスタン女子代表、小中学生と交流 橿原 /奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
カザフスタンの選手(左)を相手にレシーブの練習をする参加者たち=奈良県橿原市で、藤原弘撮影
カザフスタンの選手(左)を相手にレシーブの練習をする参加者たち=奈良県橿原市で、藤原弘撮影

 中央アジア・カザフスタンの女子バレーボールナショナルチームの選手らが22日、橿原市久米町の聖心学園中等教育学校体育館で、市内外の小中学生らと一緒に練習して交流した。選手たちは29日に開幕する「2018女子バレーボール世界選手権」のため来日し、橿原を拠点に事前合宿をしている。

 この日は市立畝傍、大成各中学校のバレーボール部員…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文408文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集