メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国人

/32 さぬきうどん研究会会長 諏訪輝生さん /四国

うどんの麺を手に講演するさぬきうどん研究会会長の諏訪輝生さん=香川県三木町で、岩崎邦宏撮影

「日本一」の背景伝える 諏訪輝生(すわ・てるお)さん(70)

 「香川では米が安定的に取れない一方、良質な小麦が取れたので昔からうどんを食べてきた。そのおかげで独自の深いうどん文化が育ち、今や日本で一番有名な讃岐うどんになった」

 8月下旬、三木町の香川大農学部キャンパス。さぬきうどん研究会会長の諏訪輝生(すわてるお)さん(70)が麺を片手に講演し、外国人留学生ら約50人に讃岐うどんの歴史を紹介した。うどん文化の普及などに取り組む同研究会の活動の一環だ。

 高松市出身。父が国鉄職員だった影響で、自身も高校を卒業して国鉄に入った。主に労務を担当し、組合との…

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文938文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

  5. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです