メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

首長の遺骨、子孫に返還へ(その1) アイヌの名誉回復を

北海道大学内にあるアイヌ納骨堂前でたたずむ木村和保さん=札幌市北区で7月29日、竹内幹撮影

 「まるで標本室のようですね」

 北海道大(札幌市)の医学部駐車場の片隅に、コンクリート造りの「アイヌ納骨堂」がひっそりとたたずむ。樺太(サハリン)に暮らしていた樺太アイヌの子孫、木村和保(かずやす)さん(63)=横浜市在住=がつぶやいた。アイヌの人たちでも中に入ることはほとんど許されず、年に1度の慰霊祭以外はシャッターを下ろしたままだ。

 ここには北海道や千島列島、樺太から集められたアイヌの遺骨1000体以上が眠っている。多くは19世紀…

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文745文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

  5. ORICON NEWS ジオラマで表現したいのは『機動戦士ガンダム第08MS小隊』の“泥臭さ”、「ザクが最も輝くのは裏方の役回り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです