政府

対米関税交渉を検討 車輸入制限回避目指す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は米国との通商協議で、農畜産品の関税引き下げなどの交渉を始める検討に入った。貿易赤字削減を目指すトランプ米政権が日本への圧力を強める中、関税を含む交渉に応じる姿勢を示すことで、日本に影響の大きい自動車・同部品の輸入制限の回避を狙う。日米両政府がニューヨークで24日に開く新貿易協議(FFR)や、26日の日米首脳会談で議論した後、今後の交渉に関する合意文書を公表する見通しだ。【安藤大介】

 交渉の進め方の詳細は、茂木敏充経済再生担当相と米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表がトップを務めるFFRで詰める。日本は24日のFFRで貿易や投資の拡大に向けて交渉を進めることなどを盛り込んだ合意文書案を示し、関税交渉入りの前提として、日本に対し自動車の輸入制限を発動しないよう確約を求める。合意文書は、農畜産品など個別分野の関税引き下げには言及しない見通しだ。

この記事は有料記事です。

残り1254文字(全文1636文字)

あわせて読みたい

注目の特集