メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなの広場

機械介さず語り合えれば=中学生・津田亜莉紗・14

 (東京都武蔵村山市)

 私は最近、家族で歌舞伎鑑賞に行きました。日本特有の演劇をこの目で見てみたいと思ったのです。

 会場には外国人観光客がたくさんいました。その人たちの多くはイヤホンなどを持っていました。それは日本語を外国語に翻訳するガイドの受信機でした。五輪も近いし、このような技術は最近進んでいるな、と感じました。

 舞台が始まって数十分後、舞台上の役者さんが見えを切った時、前の席で鑑賞していた外国人がスマホで写真をとりました。周りの観客は迷惑そうににらむだけで、注意しようとしませんでした。事前に翻訳機で注意したはずだろうが、という趣旨の声も聞こえました。私は、その外国人に学校で習った英語で注意すると、私に謝り、すぐスマホをしまってくれました。

この記事は有料記事です。

残り108文字(全文434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  3. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです