メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

司法副長官が解任画策報道 トランプ氏、反発強める

ローゼンスタイン氏=AP

 【ワシントン鈴木一生】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)などは21日、ローゼンスタイン司法副長官が昨年5月ごろ、合衆国憲法の規定を使ってトランプ大統領の事実上の解任を司法省や連邦捜査局(FBI)の高官らに持ちかけていたと報じた。ローゼンスタイン氏は、秘密裏にトランプ氏の発言を録音することも提案し、当時のマケイブFBI長官代行らのメモに記録が残っていたという。

 ローゼンスタイン氏は、ロシアの2016年米大統領選介入とトランプ陣営との癒着の疑惑「ロシアゲート」…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  2. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  3. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  4. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  5. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです