連載

もとをたどれば

商品名や社名などにこめられた企業の思いを紹介します。

連載一覧

もとをたどれば

鳥貴族 全品均一価格、成長の力に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
鳥貴族のロゴ=同社提供
鳥貴族のロゴ=同社提供

 「トリキ」の愛称で知られる焼き鳥店チェーン「鳥貴族」(大阪市浪速区)。創業者の大倉忠司社長(58)が1985年、東大阪市に開業した小さな焼き鳥店から始まった。赤ちょうちんを掲げ、サラリーマンが集うという当時のイメージを覆し、女性客を呼び込むためにおしゃれな店名にしようと「鳥貴族」と命名。「お客様を貴族のようにもてなす」という思いも込めた。

 翌年に法人化して「イターナルサービス」を設立し、チェーン展開を開始。2009年には「鳥貴族ブランド一本でやっていく覚悟」から屋号と社名を統一した。創業時から変わらないロゴの字体は大倉社長のデザイン。14年から「TORIKIZOKU∞」の表記を加えて今の形になった。∞(無限)マークは「永遠に続く会社に」との思いから付した。

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文596文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集