連載

もう一度食べたい

今は店頭から消え、しかし読者の皆さんが「もう一度食べたい」と願う懐かしの食材、食べ物をご紹介します。

連載一覧

もう一度食べたい

記者編 八戸・握りずし 少年が作る本物のおいしさ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
すしを握る11歳のころの佐藤元重さん=青森県八戸市鮫町の洋望荘で2009年10月4日、矢澤秀範撮影
すしを握る11歳のころの佐藤元重さん=青森県八戸市鮫町の洋望荘で2009年10月4日、矢澤秀範撮影

 青森県八戸市の自然食レストラン「洋望荘」で9年前に食べたすしの味が忘れられない。天然の芝生が広がる種差(たねさし)海岸の佳景を背に握ってくれたのは、11歳の少年だった。成人した彼に会いに、北へ向かった。

 JR種差海岸駅から漁港に向かって10分ほど歩くと、白い外壁の建物が見えた。戸を開くと藍染めの作務衣(さむえ)を着たシェフがさっそうと現れた。佐藤元重さん(20)。クリッとした目の小学6年生は、記者と同じ背丈になっていた。

 さっそく調理場に入り、旬の魚で料理を作ってくれた。海峡マダイのチーズロースト、アイナメのウニ窯焼き、イシナギのうしお汁。見た目が美しく、素材が引き立つやさしい味だ。店では化学調味料や食品添加物を一切使わない。みそやしょうゆも自家製だ。オーナーシェフの父一弘さん(59)と追究する自然食へのこだわりが随所に込められている。

この記事は有料記事です。

残り963文字(全文1337文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集