メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
もう一度食べたい

記者編 八戸・握りずし 少年が作る本物のおいしさ

すしを握る11歳のころの佐藤元重さん=青森県八戸市鮫町の洋望荘で2009年10月4日、矢澤秀範撮影

 青森県八戸市の自然食レストラン「洋望荘」で9年前に食べたすしの味が忘れられない。天然の芝生が広がる種差(たねさし)海岸の佳景を背に握ってくれたのは、11歳の少年だった。成人した彼に会いに、北へ向かった。

 JR種差海岸駅から漁港に向かって10分ほど歩くと、白い外壁の建物が見えた。戸を開くと藍染めの作務衣(さむえ)を着たシェフがさっそうと現れた。佐藤元重さん(20)。クリッとした目の小学6年生は、記者と同じ背丈になっていた。

 さっそく調理場に入り、旬の魚で料理を作ってくれた。海峡マダイのチーズロースト、アイナメのウニ窯焼き…

この記事は有料記事です。

残り1074文字(全文1337文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  3. 妻のがん闘病支えるパキスタン人男性 在留特別許可求め提訴 

  4. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  5. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです