メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

井波律子・評 『セブン・シスターズ 影の歌姫 上下』=ルシンダ・ライリー著、高橋恭美子・訳

 (創元推理文庫・各1512円)

ルーツを探る旅から甦りを果たす

 本書は、アイルランド生まれのミステリー作家ルシンダ・ライリーによる、連作長編シリーズ「セブン・シスターズ」の第二編にあたる。

 セブン・シスターズとは、プレアデス星団(おうし座の散開星団。和名は「すばる」)にまつわるギリシャ神話の七人姉妹を指す。このシリーズはこれになぞらえ、六人の姉妹(七人めの所在は不明)を主人公とする。

 姉妹とはいえ彼女たちに血の繋(つな)がりはなく、謎の大富豪である養父(パ・ソルト)によって、生後まもなく次々に世界各地から連れて来られ、スイスのレマン湖の畔(ほとり)に建つ壮麗な館で、慈愛深い家政の責任者マリーナに見守られながら成長し、やがて自立する。おとぎ話のような設定だが、敬愛する養父が姉妹の出生の地を暗示する天球儀と、出生にまつわる品を遺(のこ)して急逝したため、彼女たちはあいついで自分の…

この記事は有料記事です。

残り1075文字(全文1468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです