メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『築地市場 クロニクル完全版1603-2018』=福地享子+築地魚市場銀鱗会・著

 (朝日新聞出版・2916円)

 1935年の開場以来、多くの人々の胃袋を支えてきた東京・築地市場。豊洲市場(江東区)への移転に伴って10月6日に営業を終え、83年の歴史に幕を閉じる。その市場の誕生の経緯から食の一大拠点となるまでの動きを、写真や文書で分かりやすく紹介した一冊だ。

 福地氏は元雑誌編集者。現在、市場の水産仲卸有志でつくる文化団体「築地魚市場銀鱗(ぎんりん)会」事務局長を務める。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです