メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『戦乱と民衆』=磯田道史、呉座勇一ほか著

 (講談社現代新書・842円)

 明治から昭和の敗戦まで、大日本帝国は大きな戦争を繰り返し、多くの庶民が巻き込まれ、あるいは積極的に関わった。このため、そうした当事者による証言や記録は膨大に残っている。一方、近世は格段に少なく、時代をさかのぼるにつれさらに少なくなっていく。本書は、各時代の研究者がその少ない資料を駆使して、「ふつうの人びと」が戦争下でどう生きたかを探っている。

 2017年に行われた、国際日本文化研究センター(京都市)の研究者によるシンポジウムを基にした。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文487文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「水が使えない」冠水で悲鳴 佐賀駅も水浸し 九州北部大雨被害広がる

  2. 米KFCで肉なし「フライドチキン」試験販売 購入の長い列

  3. 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  4. はなわさん自宅周辺も浸水 佐賀市在住 「命を守って!」と呼び掛け 

  5. 九州北部大雨で大雨特別警報 85万人に避難指示 佐賀・松浦川などが一時氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです