メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『戦乱と民衆』=磯田道史、呉座勇一ほか著

 (講談社現代新書・842円)

 明治から昭和の敗戦まで、大日本帝国は大きな戦争を繰り返し、多くの庶民が巻き込まれ、あるいは積極的に関わった。このため、そうした当事者による証言や記録は膨大に残っている。一方、近世は格段に少なく、時代をさかのぼるにつれさらに少なくなっていく。本書は、各時代の研究者がその少ない資料を駆使して、「ふつうの人びと」が戦争下でどう生きたかを探っている。

 2017年に行われた、国際日本文化研究センター(京都市)の研究者によるシンポジウムを基にした。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  2. NTT東日本がコールド勝ちで8強進出 ヤマハは前田ソロで一矢 都市対抗

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 学術会議任命拒否 「100%デマですやん」 ある日ウィキペディアに自分の名前が載ってしまったら…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです