メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『戦乱と民衆』=磯田道史、呉座勇一ほか著

 (講談社現代新書・842円)

 明治から昭和の敗戦まで、大日本帝国は大きな戦争を繰り返し、多くの庶民が巻き込まれ、あるいは積極的に関わった。このため、そうした当事者による証言や記録は膨大に残っている。一方、近世は格段に少なく、時代をさかのぼるにつれさらに少なくなっていく。本書は、各時代の研究者がその少ない資料を駆使して、「ふつうの人びと」が戦争下でどう生きたかを探っている。

 2017年に行われた、国際日本文化研究センター(京都市)の研究者によるシンポジウムを基にした。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  2. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです