メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『彫刻1 空白の時代、戦時の彫刻 この国の彫刻のはじまりへ』 編著者・小田原のどかさん

小田原のどかさん=藤井太郎撮影

 ◆小田原(おだわら)のどかさん

 (トポフィル・2916円)

彫刻の「空白」埋める論考集

 福島市に設置された防護服姿の子ども像が市民の批判を受け撤去された問題は、公共に置かれる彫刻が社会的存在でもある事実を改めて突き付けた。500ページを超す本書は日本における彫刻のあり方を再考する上で格好の論集である。明治の草創期と先の大戦期に焦点を合わせ、研究者8人が書き下ろした論考を収録。現役作家のインタビューや座談会、英文要旨も収めた。

 「絵画に比べ、彫刻の通史や論考は少ない。美大生時代、彫刻を学ぶための本がほとんどないのが不思議でし…

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文960文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです