メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『彫刻1 空白の時代、戦時の彫刻 この国の彫刻のはじまりへ』 編著者・小田原のどかさん

小田原のどかさん=藤井太郎撮影

 ◆小田原(おだわら)のどかさん

 (トポフィル・2916円)

彫刻の「空白」埋める論考集

 福島市に設置された防護服姿の子ども像が市民の批判を受け撤去された問題は、公共に置かれる彫刻が社会的存在でもある事実を改めて突き付けた。500ページを超す本書は日本における彫刻のあり方を再考する上で格好の論集である。明治の草創期と先の大戦期に焦点を合わせ、研究者8人が書き下ろした論考を収録。現役作家のインタビューや座談会、英文要旨も収めた。

 「絵画に比べ、彫刻の通史や論考は少ない。美大生時代、彫刻を学ぶための本がほとんどないのが不思議でし…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. 高橋留美子さん欧州最大規模の漫画祭でグランプリに 「極めて進歩主義的」
  3. 博多の中1女子死亡 柔道事故 大外刈りの受け身練習、「時期尚早の可能性」 第三者委が指摘 /福岡
  4. どうすれば安全安心 迷子、事前にできること 「子どもの視野の狭さ」知って
  5. 「劇的ビフォーアフター」工事会社と朝日放送などが和解 2700万円追加費用発生で訴訟

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです