メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『彫刻1 空白の時代、戦時の彫刻 この国の彫刻のはじまりへ』 編著者・小田原のどかさん

小田原のどかさん=藤井太郎撮影

 ◆小田原(おだわら)のどかさん

 (トポフィル・2916円)

彫刻の「空白」埋める論考集

 福島市に設置された防護服姿の子ども像が市民の批判を受け撤去された問題は、公共に置かれる彫刻が社会的存在でもある事実を改めて突き付けた。500ページを超す本書は日本における彫刻のあり方を再考する上で格好の論集である。明治の草創期と先の大戦期に焦点を合わせ、研究者8人が書き下ろした論考を収録。現役作家のインタビューや座談会、英文要旨も収めた。

 「絵画に比べ、彫刻の通史や論考は少ない。美大生時代、彫刻を学ぶための本がほとんどないのが不思議でした。『空白』を埋めるため、誰でも参照できる本を編みたいと思いました」

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文960文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです