メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奇跡の傍らで

まず「権威」も疑おう 情報の医学的正確さ=荻田和秀・りんくう総合医療センター産科医

マンガ「コウノドリ」(C)鈴ノ木ユウ/講談社

 「私、安定期に入ったら旅行に行きたいのですが」などとよく聞かれます。しかし妊娠に「安定期」はありません。どの週数でも破水や陣痛発来は起こります。「それは危険です」とお答えすると「えー、だってネットにOKって書いてたもん」。

 健康情報を集めた人気サイトが不正確な内容を掲載していたため閉鎖された問題がありました。それでもいまだに妊婦さんには「ネットで見た」と言って医学的に間違った行動をとる方がいます。これは極めて危険です。例えば……身体を冷やすな(温めすぎてプチ熱中症になった妊婦さんがいました)、塩分を取り過ぎるな(塩分制限は血圧上昇の予防になりません)。これらは感覚的には正しいと思えますが、医学的には問題を含みます。大手のサイト運営会社でさえ間違った情報を掲載していたのですから、個人ブログには感想レベルのうさん臭い情報が載っています。参考になる部分もありますが、批判なく受け入れるのは極めて問題です。

 では本や新聞などの活字媒体なら安心できるでしょうか? そんなことはありません。本を書いた経験からし…

この記事は有料記事です。

残り849文字(全文1304文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  3. 片山氏「100%開示」 収支報告訂正で 野党の追及に皮肉も
  4. 「ポスト安倍」 足場作り模索 「選挙考えれば本命」と進次郎氏への期待も
  5. 米探査機 小惑星に「水」 米版はやぶさが観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです