メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

W杯への道標

ラグビー2019日本大会/下 「日本ブーム」の種まく 外国人を呼び込め

ラグビーW杯に向けて横浜観光コンベンション・ビューローが開催したセミナー=同ビューロー提供

 「試合前も試合中も試合後もビールを飲む」「ベジタリアン向けのメニューを用意したほうがいい」

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の開催都市の一つ、横浜市で今年6月下旬に行われたセミナーで、英国出身の講師らが海外のラグビーファンの特徴や対応のポイントを指南した。

 参加したのはホテル・飲食店関係者ら約80人。大会組織委員会は海外から最大40万人の集客を見込んでおり、試合会場となる都市では「インバウンド(訪日外国人)効果」への期待が膨らんでいる。

 セミナーを開いたのは横浜観光コンベンション・ビューロー。加納弘子・海外誘客課長は「海外のラグビーフ…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文1005文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです