メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉・川島

ユニークな郷土食「すったてうどん」

「むさしや」のすったてうどん=埼玉県川島町で2018年9月12日、松下英志撮影

 武蔵野うどん、加須うどん、熊谷うどん、県北の煮ぼうとう、秩父のおっきりこみ。知る人ぞ知る「うどん大国」埼玉県の中でも川島町の「すったて」はネーミングを含めてユニークな存在だ。いわゆる冷や汁うどんの一種で、夏の風物詩とも言える伝統食だが、冬の「かわじま呉汁(ごじる)うどん」と共に、10年余り前までは表舞台に出ることはなかった。近年は町のPRにおいて大きな役割が期待されている。【松下英志】

 川越駅から東松山方面への路線バスで30分余。川島町戸守の「むさしや」で、すったてうどんを注文した。…

この記事は有料記事です。

残り1159文字(全文1404文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです