メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国史跡

山形城跡の古い写真 探索中 構造物復元目指し

1991年に復元が完了した山形城跡の二ノ丸東大手門=山形市で

 山形市が、国指定史跡の山形城跡「霞城公園」の古い写真を探し求めている。公園整備の一環で城構造物の復元を目指す中、高さや形を確定させるために写真や立面図などが欠かせない。市は「当時の写真や史料などに関する情報について、連絡がほしい」と呼び掛けている。【深尾昭寛】

     市によると、山形城は南北朝時代に斯波兼頼が築城したのが始まりとされ、戦国大名・最上義光によって拡張整備された。本丸、二ノ丸、三ノ丸の3重の堀を持つ全国有数規模の平城で、山形駅付近も含まれた。現在の霞城公園周囲の水堀は二ノ丸掘跡で、土塁や東西南北の門となる石垣が残っていた。

     1979年、市制施行90周年記念事業として市のシンボルとなる公園整備を決定。城跡の発掘調査や城構造物の復元に力を入れている。

     史料により平面的な構造はほぼ判明しているという。二ノ丸東大手門は明治初期の写真が存在し、91年に復元が完了したが、本丸一文字門では史料が不足している。枡形(ますがた)と呼ばれる広場を中心に、一文字櫓(やぐら)や櫓門、高麗門、土塀、石垣で構成される門で、高麗門など復元が完了した部分もあるが、一文字櫓は必要な写真や立面図などがなく、市は「現段階では復元することができない状況」としている。本丸御殿も、間取り図は存在するが建物の形が確認できる史料がなく、御殿のイメージ図を平面表示する「本丸御殿広場」として整備を進める。

     市は「城構造物を復元するためには、二ノ丸東大手門の時のように史料などで裏付けが必要。写真を探しています」と情報を求めている。問い合わせは山形市公園緑地課(023・641・1212)まで。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 伊藤園 業界初、缶入り「とん汁」22日発売 豚肉なし
    2. ORICON NEWS 堺正章、沢田研二のドタキャン騒動に複雑「残念ですけど倍の力で…」
    3. ファミマ わさびが潜む「ロシアンルーレット」パン発売
    4. KYB 不正装置の建物名70件を公表
    5. 12階から自転車投げ落とす 殺人未遂容疑で男逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです