メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関税交渉

日本、農産品「TPP水準まで」 米と隔たり

 日本政府が米国との通商協議で関税引き下げを含む交渉を容認する検討に入ったのは、FTA交渉入りを迫るトランプ米政権の圧力をかわし、米国が検討している自動車・同部品の輸入制限の発動を阻止することが最大の狙いだ。しかし、日本はTPPを超える譲歩をするつもりはなく、日米の思惑には大きな隔たりがある。

 日本は8月に開いた米国とのFFRの初会合で、両国の貿易促進策を探ることを提案し、自動車や農業といった個別分野について協議する方針が決まった。ただ、米国が求めるFTA交渉入りは拒否する構えを崩さず、トランプ米大統領は「米国とディール(取引)しなければ、大問題になると日本は理解している」と述べるなど、いら立ちを強めていた。

 交渉が進まないことに業を煮やした米国が自動車の輸入制限を発動すれば、日本企業が被る打撃は2兆円規模…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです