メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
関税交渉

日本、農産品「TPP水準まで」 米と隔たり

 日本政府が米国との通商協議で関税引き下げを含む交渉を容認する検討に入ったのは、FTA交渉入りを迫るトランプ米政権の圧力をかわし、米国が検討している自動車・同部品の輸入制限の発動を阻止することが最大の狙いだ。しかし、日本はTPPを超える譲歩をするつもりはなく、日米の思惑には大きな隔たりがある。

 日本は8月に開いた米国とのFFRの初会合で、両国の貿易促進策を探ることを提案し、自動車や農業といった個別分野について協議する方針が決まった。ただ、米国が求めるFTA交渉入りは拒否する構えを崩さず、トランプ米大統領は「米国とディール(取引)しなければ、大問題になると日本は理解している」と述べるなど、いら立ちを強めていた。

 交渉が進まないことに業を煮やした米国が自動車の輸入制限を発動すれば、日本企業が被る打撃は2兆円規模…

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文947文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです