メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

台湾外交切り崩し、宗教弾圧批判回避 バチカン和解

 【北京・浦松丈二】バチカンと中国が長年の対立事項だった司教任命権問題で暫定合意に達し、歴史的な和解に至った。台湾と欧州で唯一外交関係を持つバチカンとの関係改善は、「一つの中国」の堅持に直結する懸案だ。台湾が外交関係を維持する国々にはキリスト教国が多く、バチカンが中国と関係正常化に踏み出せば、これらの国々が次々と中国になびく可能性が指摘されている。

 このタイミングでバチカンを切り崩すことができれば、独立志向の強い台湾の蔡英文政権を追い詰めることが…

この記事は有料記事です。

残り1443文字(全文1668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです