メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

台湾外交切り崩し、宗教弾圧批判回避 バチカン和解

 【北京・浦松丈二】バチカンと中国が長年の対立事項だった司教任命権問題で暫定合意に達し、歴史的な和解に至った。台湾と欧州で唯一外交関係を持つバチカンとの関係改善は、「一つの中国」の堅持に直結する懸案だ。台湾が外交関係を維持する国々にはキリスト教国が多く、バチカンが中国と関係正常化に踏み出せば、これらの国々が次々と中国になびく可能性が指摘されている。

 このタイミングでバチカンを切り崩すことができれば、独立志向の強い台湾の蔡英文政権を追い詰めることができる。また、トランプ米政権が中国のウイグル族弾圧に批判を強めている中、和解は中国にとって宗教弾圧批判をかわす狙いもありそうだ。

この記事は有料記事です。

残り1379文字(全文1668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです