メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

台湾外交切り崩し、宗教弾圧批判回避 バチカン和解

 【北京・浦松丈二】バチカンと中国が長年の対立事項だった司教任命権問題で暫定合意に達し、歴史的な和解に至った。台湾と欧州で唯一外交関係を持つバチカンとの関係改善は、「一つの中国」の堅持に直結する懸案だ。台湾が外交関係を維持する国々にはキリスト教国が多く、バチカンが中国と関係正常化に踏み出せば、これらの国々が次々と中国になびく可能性が指摘されている。

 このタイミングでバチカンを切り崩すことができれば、独立志向の強い台湾の蔡英文政権を追い詰めることが…

この記事は有料記事です。

残り1443文字(全文1668文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです