メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

探査ロボ、リュウグウ着陸 表面跳びはね撮影

はやぶさ2が投下した小型探査ロボットが撮影した小惑星リュウグウ。白い光は太陽によるもの=宇宙航空研究開発機構提供

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、小惑星探査機「はやぶさ2」が投下した小型探査ロボット2台が小惑星リュウグウに着陸したことを確認したと発表した。2台はジャンプして移動する機能を持ち、リュウグウ表面を跳びはねて画像を撮影することにも成功した。小惑星上で探査ロボットが移動しながら探査するのは世界初という。

 JAXAによると、小型探査ロボットは21日午後1時6分(日本時間)、リュウグウの高度55メートルの地点ではやぶさ2から切り離された。2台はいずれも円柱に近い形で、直径18センチ、高さ7センチ、重さ約1キロ。光や温度の状況によって自動でモーターを回転させ、跳ねるように別の場所に移動できる。

 はやぶさ2の津田雄一プロジェクトマネジャーは「新たな宇宙探査の手段を手に入れたことを誇りに思う」との談話を発表した。

 同様の小型探査ロボットは、小惑星イトカワを探査した初代はやぶさにも搭載されていたが、はやぶさ本体が上昇中に切り離されたため、着地できないまま終わっていた。【池田知広】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 赤痢菌 宿坊で42人感染 湯葉刺しなど食べる 山梨 
  2. ORICON NEWS 元祖プレイボーイ・火野正平に見る、芸能人モテ男のスマートな“火消し術”
  3. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  4. ファシリティードッグ 子供の闘病支え9年 ベイリー引退
  5. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです