メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滋賀

イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱

イナズマロックフェス2018のステージで歌唱を披露する西川貴教さん=滋賀県草津市下物町の烏丸半島で2018年9月22日午後2時0分、成松秋穂撮影

 滋賀県出身のアーティスト、西川貴教さん(48)が琵琶湖の環境保全と地域振興をテーマに企画する音楽フェス「イナズマロックフェス2018」が22日、同県草津市下物町の烏丸半島で始まった。今年は初めて3日間の日程で、24日まで開かれる。

 2009年から始まり、今回で10回目。16、17年と2年連続で、雷雨や台風の接近による影響で公演の一部が中止となったが、この日は午前まで降り続いた雨がやみ、晴れ間が広がった。

 メインステージ「雷神」で大勢のファンの前に現れた西川さんは「来てくれた皆さんのおかげで、この天気になった。昨年、一昨年と悔しい思いをしたが、だからこそこの10周年がある。皆さんに感謝したい」と述べ、高らかに開会宣言。その後、ヒット曲を歌い上げると、会場は最高潮になった。「雷神」にはアイドルグループ「欅(けやき)坂46」や、県出身のロックバンド「UVERworld」など多彩な顔ぶれが次々に登場した…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元SMAP森且行選手、落車し緊急搬送 骨盤骨折で入院、全治不明

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. 「ナボナ」の亀屋万年堂 シャトレーゼが買収 和菓子拡充

  4. #自助といわれても 町から届いた冷酷な順序 ALS患者でさえ家族介護を求める行政の“誤解”

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです