メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外卓球の福原愛、ブログで現役引退を表明
JAXA

「こうのとり」打ち上げ成功 ISSに物資輸送

無人補給機「こうのとり」7号機を搭載し、打ち上げられたH2Bロケット7号機=鹿児島県南種子町で2018年9月23日午前2時52分、野田武撮影

 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は23日午前2時52分、国際宇宙ステーション(ISS)に物資を届ける無人補給機「こうのとり」7号機を搭載したH2Bロケット7号機を種子島宇宙センター(鹿児島県)から打ち上げた。こうのとりは約15分後に予定軌道に投入され、打ち上げは成功した。

 こうのとりはISSに滞在する宇宙飛行士の生活物資や実験装置を運ぶ。約6トンの輸送量は現役では世界最大。今回は初めて実験試料を地球に持ち帰るための小型カプセルを搭載しており、ISSに物資を届けた後、カプセルに試料を入れて大気圏に突入させる実験を予定している。

 カプセル内には、タイガー魔法瓶(大阪府)が開発した真空断熱容器(容量約30リットル)があり、この中に持ち帰る試料を収納する。こうのとりはISS到着から約1カ月半後、ISSを離れ、大気圏に突入する。こうのとり本体は大気圏で燃え尽きるが、突入前に分離したカプセルは南鳥島付近の太平洋上に落下する。

 当初は11日に打ち上げる予定だったが、天候悪化や、燃料タンクの圧力を調整するバルブの異常が見つかったことで、4回延期していた。H2AとH2Bを合わせた主力ロケットの成功率は97・8%(46機中45機成功)となった。【酒造唯】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野本県議 引退の意向 /埼玉
  2. ハロウィーン 飼育員食べられた?ピラニアの水槽に骸骨
  3. 訃報 ノーベル化学賞受賞、下村脩さん90歳 長崎市内で
  4. ORICON NEWS 木村拓哉、文房具屋でオリジナルノート作り「裏表紙はぶっ飛んだのがよくない?」
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです