メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
西山宗因全集

文部科学大臣賞に 16年がかり「研究の頂点」 伊賀市と芭蕉翁顕彰会が選定 /三重

文部学大臣賞に選ばれた西山宗因全集6巻=三重県伊賀市提供

 伊賀市と芭蕉翁顕彰会は、俳文学(連歌、俳諧、俳句など)関係の優れた研究書に贈る文部科学大臣賞に「西山宗因全集」(八木書店)を選んだと発表した。全6巻合わせて2750ページ。全集編集委員会の結成から16年がかりで完結し、「尽きることのない基礎資料の宝庫」と高く評価された。編集委員の一人、尾崎千佳・山口大学准教授が芭蕉祭前日の10月11日に、ハイトピア伊賀(上野丸之内)で記念講演する。【大西康裕】

 宗因生誕400年を控えた2001年7月に宗因の全集がないことから10人の編集委員会が結成された。連…

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文956文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです