東日本大震災

福島第1原発事故 原発への憤り、布絵と詩に 福島から避難の青田さん作品展 大津 /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
作品を説明する青田恵子さん(左)=大津市中央1の「ギャラリーQ」で、諸隈美紗稀撮影
作品を説明する青田恵子さん(左)=大津市中央1の「ギャラリーQ」で、諸隈美紗稀撮影

 2011年の東京電力福島第1原発事故で、福島県南相馬市から大津市に避難した青田恵子さん(68)の作品展「布絵展 ふるさとフクシマに想(おも)いをよせて」が大津市中央1の「ギャラリーQ」で開かれている。青田さんは「原発がある限り、誰の身にも起こりうる。布絵を見て、原発事故の実態を思い出して」と訴える。26日まで。【諸隈美紗稀】

 青田さんは11年3月の東日本大震災当時、同原発から23キロ離れた自宅で被災。夫と娘と宮城県に一時避難した。2カ月が過ぎても余震が続いたこともあり、同年5月に知人の紹介で大津に移った。

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文666文字)

あわせて読みたい

注目の特集