メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島の現状、若者目線で 奈良女大付、現地高校生と座談会 /奈良

福島の高校生を交えて開かれた座談会の様子。中央が伊藤光雪さん=奈良市の奈良女子大付属中等教育学校で、大西咲子撮影

 奈良市の奈良女子大付属中等教育学校で23日、福島県の高校生が東日本大震災について語る座談会が開かれ、同校の生徒や学園祭に訪れた保護者らが熱心に耳を傾けた。

 同校を訪れたのは福島市の桜の聖母学院高校2年、伊藤光雪(みゆ)さん。震災から7年たった福島について伊藤さんは、「震災や放射能汚染について県内でも意識の違いがある。学校で学ぶ機会もなく、関心がない人も多い」とする一方で「大人も子ど…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです