メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健康寿命日本一へ

奈良県の挑戦/8 コミュニティナース 天川村で地域密着 /奈良

コミュニティナースとして働く山端聡さん=奈良県天川村南日裏の「ほほえみポート天川」で、高村洋一撮影

 地域に入り込んで保健・医療分野で幅広く活動する「コミュニティナース」(別項)が県南部と東部の奥大和地域で住民に溶け込んでいる。天川村に一家で移住した山端(やまはた)聡さん(39)もその一人。看護師と介護福祉士の資格を持つ。県は昨年度から「奥大和コミュニティナースプロジェクト」を展開し、現在、県内4村で働く5人の活動を支える。人口減少と高齢化の進む過疎地医療の「助っ人」として、健康寿命の延伸にも貢献している。【高村洋一】

 「奥大和コミュニティナースプロジェクト」は自治体のコミュニティナース募集告知や育成を手助けし、それ…

この記事は有料記事です。

残り1274文字(全文1536文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 大リーグ エンゼルス大谷がア・リーグ新人王
  5. 東京地裁 不審なはがきに注意呼びかけ 実在しない名で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです