メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

「寅さん」新作なぜ製作? 公開50周年の節目 背景に技術の進歩=回答・小林祥晃

 なるほドリ 映画「男はつらいよ」の新作が来年公開されるんだってね。「寅(とら)さん」役の渥美清(あつみきよし)さんは亡くなったのに、どうして?

 記者 今も国民的人気が高いことに加え、関係者に特別な思いがあったからのようです。

 Q 特別な思いって?

 A 「男はつらいよ」は、1969~95年に48作品が公開されました。50作まで作る構想(こうそう)があったそうですが、渥美さんの急逝(きゅうせい)(96年)でかなわなくなりました。製作(せいさく)の松竹(しょうちく)によると、関係者に「ずっとモヤモヤした思いが残っていた」といいます。

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです