メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

今週のおすすめ紙面 若者たち支える元暴走族総長/「平成という時代」第2部/外国人就労の拡大

[PR]

 ◆ストーリー

若者たち支える元暴走族総長 30日・日曜日 1面、ストーリー面

 炭鉱で栄えた福岡県田川市に全国で2カ所しかない少年専門の更生保護施設があります。運営するのは自身も元不良少年で、暴走族の総長にまでなった工藤良さん(41)。家族や周囲の支えで立ち直った工藤さんの更生保護活動は10年目に入りました。前身のボランティア団体時代を含め200人以上の少年少女を支援してきた、その波乱に満ちた半生を追います。

 ◆平成という時代

「平成という時代」第2部 25日・火曜日から 1、3面

 来春に迫った平成の終わりに向け、この30年を振り返るとともにより良い明日を考えていく連載「平成という時代」第2部をスタートします。平成を考える上で重要なキーワードの舞台となった全国のさまざまな「場所」から、そこで起きた出来事、そこに集った人々の姿を通じて、平成の30年が今に伝えるメッセージを探ります。初回は「アキバ」です。

 ◆論点

外国人就労の拡大 28日・金曜日 オピニオン面

 政府は来年4月から、外国人の就労を目的とした在留資格を新設し、2025年までに新たに50万人以上を受け入れて、深刻化する労働力不足に対応する考えです。外国人労働者は5年連続で増加しており、割合は10年の1%から17年には2%まで増えました。「50人に1人」と身近になり始めた外国人と共に働き、生活するための準備と心構えについて考えました。


 掲載日や内容は変更することがあります。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 河井案里氏1.5億円にざわつく自民 下村氏「総裁か幹事長の判断」

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです