メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

審判トランプ流

米中間選挙2018/中 共和候補、大統領隠し

予備選勝利を受け、支持者を前に演説する下院選共和党候補のマリア・エルバイラ・サルザー氏=フロリダ州マイアミ近郊で8月28日

 トランプ米大統領は共和党支持者の間で8割超の支持率を誇る。共和党全国委員会はホワイトハウスと連動し、選挙戦で大幅減税や雇用増などトランプ政権の目に見えた成果を訴える戦略を描く。だが、それぞれの選挙区特有の事情を抱える各候補・陣営はトランプ氏との距離をどう保つか、苦慮している。

 「当確」の一報が会場のスクリーンに映されると同時にラテン音楽が大音量で流れた。8月28日に実施された南部フロリダ州の共和党予備選。大都市マイアミ郊外の下院第27選挙区で候補指名を勝ち取った元テレビ局記者、マリア・エルバイラ・サルザー氏は、選挙事務所の駐車場で開いた支持者集会で「この地域に暮らす人々が求めること、感じていることを理解する議員が必要だ」と訴えた。

 英語とスペイン語でちょうど半分ずつ、計12分間の演説で「トランプ大統領」に触れることは一度もなかっ…

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1268文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  2. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  3. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです