メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者ノート

違う「理由」知る

 愛知県豊橋市教育委員会が今年4月に豊岡中学校内に開設した日本語初期支援校「みらい」を通し、外国人を取り巻く教育環境を取材した。その中で、松波良宏教諭(46)から聞いた話が印象に残っている。

 「『ブラジル人は雨が降ると学校を休む』と、教育現場でよく言われていたんです」。10年ほど前、教師らは当たり前のようにその文句を口にした。確かに雨の日に休む生徒は多かった。それでも松波教諭は、外国人だからと諦めるのではな…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文513文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  3. 確保の男「パクリやがって」恨み言 京アニ火災
  4. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです