メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 愛知県豊橋市教育委員会が今年4月に豊岡中学校内に開設した日本語初期支援校「みらい」を通し、外国人を取り巻く教育環境を取材した。その中で、松波良宏教諭(46)から聞いた話が印象に残っている。

 「『ブラジル人は雨が降ると学校を休む』と、教育現場でよく言われていたんです」。10年ほど前、教師らは当たり前のようにその文句を口にした。確かに雨の日に休む生徒は多かった。それでも松波教諭は、外国人だからと諦めるのではな…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文513文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  3. 片山氏「100%開示」 収支報告訂正で 野党の追及に皮肉も
  4. 「ポスト安倍」 足場作り模索 「選挙考えれば本命」と進次郎氏への期待も
  5. 米探査機 小惑星に「水」 米版はやぶさが観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです