メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

ランドセルが重い 教材置いてっていいですか

手提げかばんや巾着袋に教材を入れて登校する児童=東京都杉並区で20日、篠原成行撮影

 <kyoiku no mado>

 文部科学省が夏休み明けの9月6日、全国の教育委員会に小中学校の教科書などの学用品持ち帰りについて、柔軟に対応するよう通知を出した。「脱ゆとり教育」の影響で教科書のページ数が増え、保護者らから「ランドセルが重い」という声が寄せられるようになったからだ。教材を学校に置いて帰る「置き勉」を、学校関係者らはどのように考えているのか。全国の実情を探った。【信田真由美、反橋希美、大森治幸】

この記事は有料記事です。

残り1973文字(全文2181文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. ORICON NEWS ラルク、全436曲&全MV51本をサブスク解禁 インスタも開設

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです