メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Dr.北村が語る現代思春期

危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

 内閣府は2017年11月、10歳から17歳の青少年5000人を対象にインターネット接続機器の利用状況を調査し、3288人から回答がありました。それによると、「いずれかの機器を一つ以上使っている」と回答した青少年は92・3%に上ります。このうち、スマートフォン(スマホ)が51・6%で最も多く、携帯ゲーム機39・2%、タブレット26・8%と続きます。このように誰もがスマホなどの恩恵にあずかるようになりましたが、同時に、さまざまなトラブルに巻き込まれる危険性も高まっています。

 セクスティングという言葉をご存じでしょうか。英語のSEXとTEXTING(メッセージを送る)を合わせた俗語です。近年めざましく発達したSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を使って、性的な画像・動画やメッセージを送ったり交換しあったりする行為のことです。

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文1033文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. トランプ米大統領、地下に一時避難 抗議デモ激化受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです