メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲秋場所

白鵬、14回目全勝V

鶴竜(右)を送り出しで破り、全勝優勝を決めた白鵬=小川昌宏撮影

千秋楽(23日・両国国技館)

 14日目に41回目の優勝を決めた白鵬は鶴竜との横綱対決を送り出しで制し、自身の記録を更新する14回目の全勝優勝を飾った。8場所連続休場明けの稀勢の里は豪栄道に敗れ、進退を懸けた場所を10勝で終えた。関脇・御嶽海は9勝目を挙げ、九州場所後の大関昇進の可能性を残した。15日間で懸賞は過去最高の2160本。三賞は1947年秋場所に制定されて以来、初めていずれの賞も該当者がなかった。十両は徳勝龍が大奄美との優勝決定戦を制した。平幕の千代丸と十両の水戸龍がけがで休場した。

この記事は有料記事です。

残り1620文字(全文1868文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  2. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  5. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです