メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

マゼルOP 錦織、決勝逃す

 【メッス(フランス)共同】男子テニスのマゼル・オープンは22日、フランスのメッスでシングルス準決勝が行われ、世界ランキング12位で第1シードの錦織圭(日清食品)が世界166位のマティアス・バヒンガー(ドイツ)に6-2、4-6、5-7で逆転負けした。

 錦織は最終セットで6度のブレークの好機を逃し、ツアーで4月のマスターズ・モンテカルロ大会準優勝以来の決勝進出はならなかった。次戦は楽天ジャパン・オープン(10月1日開幕、東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ)に出場予定。

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文648文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  3. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  4. 食戟のソーマ 「ジャンプ」のグルメマンガが7年の連載に幕 その後描く特別編も
  5. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです