メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ご当地グルメ

鹿児島・あご肉 癖になる独特の食感

店内で包丁を握る柳さん=鹿児島県霧島市隼人町の有馬精肉店で2018年9月13日、林壮一郎撮影

 錦江湾(鹿児島湾)の湾奥部に位置する鹿児島県姶良(あいら)市や霧島市のご当地グルメ「あご肉」をご存じだろうか。豚の頬やコメカミなど顔周りの肉を混ぜ合わせたもので、40年ほど前に地元の精肉店が売り出したのが始まりだという。ステーキや空揚げ、炒めものなど多彩なメニューも人気を呼んでいる。期待を胸に現地を訪ねた。

 歯ごたえがあったり柔らかかったり、独特の食感が癖になりそうだ。頬やコメカミ、ノドなど4種類ほどの肉…

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1011文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです