メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高知

カザフスタン留学生「核被害ない世界実現を」

幡多ゼミ生と交流するアイーダ・マクハノワさん(左)=高知県宿毛市で、松原由佳撮影

 旧ソ連が核実験を繰り返したカザフスタン・セミパラチンスク(現セメイ)の留学生が高知県西部を訪れ、ビキニ水爆実験の問題などに取り組む「幡多高校生ゼミナール(幡多ゼミ)」の生徒らと交流している。23日には宿毛市内で核被害に関する意見を交わした。【松原由佳】

 県内を訪れているのは、セメイ出身の留学生、アイーダ・マクハノワさん(15)。広島市民との交流プロジェクトの一環で、広島県内の高校に留学している。

 マクハノワさんと幡多ゼミ生は今年8月に広島市で行われた全国高校生平和集会で出会い、意気投合。米国が…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  4. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです