宜野湾市長選

新人2人が立候補 知事選と同日に投開票

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市の市長選が23日告示された。普天間飛行場の名護市辺野古への県内移設に反対する前県高校PTA連合会長で会社役員の仲西春雅(なかにし・はるまさ)氏(57)と、移設を進める安倍政権が支援する前副市長の松川正則(まつがわ・まさのり)氏(65)の無所属新人2人が立候補した。

 移設反対派が推す候補と政権側候補が対決する知事選と同じ構図。知事選と同日の30日に投開票され、結果は今後の移設計画に影響を与える可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文391文字)

あわせて読みたい