メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ絆駅伝

1600人が汗を流して絆を深める

 【ジャカルタ武内彩】インドネシアと日本のランナーが友好のたすきをつなぐ「ジャカルタ『絆』駅伝2018」(毎日新聞社、コンパス紙主催)が23日、ジャカルタ中心部の約11キロのコースであった。地元の日系企業・団体などで働く日本人と現地スタッフら約1600人が4人1組で出場した。5回目の今回は両国の国交樹立60周年記念事業として開催し、参加者は一緒に汗を流して…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 停電続く千葉・館山と南房総市に大雨で避難勧告

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  5. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです