メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

警察庁

40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定

 警察庁の40代の女性警視が、元同僚の男性警視によるセクハラを受けて抑うつ状態になったとして、同庁が公務災害と認定していたことが明らかになった。女性警視は元同僚を相手取って550万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしており、訴訟記録にも被害の経緯が記されている。元同僚側は争う姿勢を示している。

 訴訟に提出された警察庁の内部資料などによると、女性は2014年、関西地方の県警から警察庁に転任してきた元同僚と同じ職場になった。女性は15年1月、元同僚…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  2. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 官僚も憤る電通「中抜き」の構図 源流にあの「官邸官僚」と民主党時代の決定

  5. 「香港は“1国1制度”に。とても悲しい」 民主派・周庭さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです