メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

拉致被害者

早期解決訴え「国民大集会」 家族会など

 北朝鮮による拉致被害者の家族会などは23日、東京都千代田区で拉致問題の早期解決を訴える「国民大集会」を開いた。史上初の米朝首脳会談から3カ月。問題解決への期待は高まったものの、その道筋はいまだ見えていない。家族は被害者への思いを語り「今が正念場」と訴えた。

 40年前の8月に新潟県佐渡市で母ミヨシさん(行方不明時46歳)とともに拉致された曽我ひとみさん(59)は、拉致される1年半前に母から贈られた腕時計をはめて集会に出席した。曽我さんは「北朝鮮に拉致されている時、何度か時計が止まることがあった。そのたびに母はどうしているかと思い暮らしてきた」…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文685文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです