拉致被害者

早期解決訴え「国民大集会」 家族会など

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 北朝鮮による拉致被害者の家族会などは23日、東京都千代田区で拉致問題の早期解決を訴える「国民大集会」を開いた。史上初の米朝首脳会談から3カ月。問題解決への期待は高まったものの、その道筋はいまだ見えていない。家族は被害者への思いを語り「今が正念場」と訴えた。

 40年前の8月に新潟県佐渡市で母ミヨシさん(行方不明時46歳)とともに拉致された曽我ひとみさん(59)は、拉致される1年半前に母から贈られた腕時計をはめて集会に出席した。曽我さんは「北朝鮮に拉致されている時、何度か時計が止まることがあった。そのたびに母はどうしているかと思い暮らしてきた」…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文685文字)

あわせて読みたい

ニュース特集