メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水泳

21歳の大久保が初制覇 男子高飛び込み 

 飛び込みの日本選手権最終日は23日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子高飛び込みは21歳の大久保柊(筑波大)が434.20点で初制覇した。アジア大会代表の村上和基(JSS白子)が2位だった。

 非五輪種目の女子1メートル板飛び込みは同代表の宮本葉月(高知・土佐女高)が275.40点で2連覇した。シンク…

この記事は有料記事です。

残り73文字(全文223文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  5. 私だけの東京・2020に語り継ぐ 漫画家・清野とおるさん 「ダメでいい」赤羽の深さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです