メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

剣道

高橋萌子四段が2年連続2回目の優勝

剣道全日本女子選手権で2連覇を果たした高橋=長野市で2018年9月23日、中村有花撮影

 剣道の第57回全日本女子選手権(毎日新聞社など後援)が23日、長野市真島総合スポーツアリーナ「ホワイトリング」で行われ、決勝で高橋萌子四段(神奈川・神奈川県警)が佐藤みのり四段(福島・法大3年)を降し、2年連続2回目の優勝を果たした。大会連覇は2012、13年の山本真理子六段(大阪・大阪府警)以来。3位は、松本智香四段(福岡・鹿屋体大4年)と大西ななみ四段(福井・福井県立武道館)。

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文925文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 眞子さま、佳子さまは… 配偶者や子どもも皇族?女性宮家

  4. 半グレ集団「モロッコ」幹部逮捕へ バーで少女働かせた疑い 大阪府警

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです