メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子テニス

プリスコバ、180キロのサーブで主導権

大坂なおみを破り優勝したチェコのカロリナ・プリスコバ=東京・アリーナ立川立飛で2018年9月23日、渡部直樹撮影

東レ・パンパシフィック・オープン シングルス決勝(23日、東京・アリーナ立川立飛)

 昨年、世界ランクのトップに立ったカロリナ・プリスコバ(チェコ)が得意のサーブで、大坂なおみ(日清食品)に主導権を渡さなかった。奪ったサービスエースは大坂とほぼ互角の6本。長身から繰り出す角度のある180キロ前後のサー…

この記事は有料記事です。

残り92文字(全文242文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. 運転免許返納 入浴料割引、ドリンクサービスも 横浜・天然温泉満天の湯 /神奈川
  4. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  5. 養護施設元職員、入所の男子中学生にわいせつ行為 児福法違反容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです