女子テニス

プリスコバ、180キロのサーブで主導権

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大坂なおみを破り優勝したチェコのカロリナ・プリスコバ=東京・アリーナ立川立飛で2018年9月23日、渡部直樹撮影
大坂なおみを破り優勝したチェコのカロリナ・プリスコバ=東京・アリーナ立川立飛で2018年9月23日、渡部直樹撮影

東レ・パンパシフィック・オープン シングルス決勝(23日、東京・アリーナ立川立飛)

 昨年、世界ランクのトップに立ったカロリナ・プリスコバ(チェコ)が得意のサーブで、大坂なおみ(日清食品)に主導権を渡さなかった。奪ったサービスエースは大坂とほぼ互角の6本。長身から繰り出す角度のある180キロ前後のサー…

この記事は有料記事です。

残り92文字(全文242文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集