メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

別役実 言葉への危機感訴え 病と闘いながら描く世界

別役実さん=2015年10月13日、長谷川直亮撮影

 別役実の2年ぶりの新作「-注文の多い料理昇降機- ああ、それなのに、それなのに」が10月12~21日、東京・下北沢の小劇場B1で上演される。パーキンソン病と闘いながら81歳となった劇作家が、新作で描いたのはどんな世界だろうか。

 物語は洗濯物を持った男とてるてる坊主を名乗る男が廃虚のバス停で出会うところから始まる。爆発騒ぎやバラバラ殺人、出荷が禁じられた豚肉の流出騒動といった事件が次々に起きるが、誰もそれが真実なのか確認できないまま、事態は進展していく。

 「今後は狙い通りにいかない、結果がすべて裏目に出ていく形で歴史が推移していく可能性があるよ、という…

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1038文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  5. マクドナルド福増町店 道路の真ん中に!? 味なことやる バイパス遊休地を活用 /北陸

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです