メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

ご当地グルメ、ルーツは? お茶の水女子大の師弟、地理学生かし解説 /東京

 全国のご当地グルメのルーツを明らかにしようと、お茶の水女子大で地理学を専攻する師弟コンビが「地理女子が教えるご当地グルメの地理学」を発刊した。「町おこし」のイメージが先行しがちなご当地グルメの背景や地域性に注目。自然環境など地理学の視点から解き明かし、ご当地グルメをより味わい深くさせる一冊だ。【飯田憲】

 著者は、同大で地理学を教える長谷川直子准教授(44)と、同大4年の尾形希莉子さん(21)。地理学の面白さを発信しようと、ご当地グルメをテーマにした本の執筆を考えていた長谷川准教授に「食べ物には目がなく、旅先では名物料理を欠かさない」という尾形さんが手を挙げた。

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文779文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです