メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

第3弾 対中関税2000億ドル発動 中国も報復600億ドル

 【ワシントン中井正裕、北京・赤間清広】トランプ米政権は24日午前0時(日本時間同日午後1時)過ぎ、中国による知的財産権侵害などに対する対抗措置として、年間輸入額2000億ドル(約22兆円)相当の中国製品に10%の追加関税を課す対中制裁第3弾を発動した。中国政府も即座に600億ドル相当の米国製品に5%か10%の追加関税を課す報復措置に踏み切った。エスカレートする米中の応酬は打開の糸口が見えない泥沼に陥った。

 米中は7~8月、総額500億ドル相当の相手国製品に25%の追加関税を課す制裁・報復措置を2回にわたり発動済み。今回の第3弾で米国は中国からの輸入品(年間5000億ドル強)の約半分に追加関税を課す異例の事態となる。トランプ大統領は来年1月1日以降、第3弾の追加関税率を25%に引き上げるほか、中国が報復した場合、中国からの全輸入品に制裁対象を広げると警告しており、対立のさらなる激化もいとわない姿勢だ…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  5. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです