メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

急速にネット普及 課題は? 悪意の書き込みやまず 若者依存も増加=回答・岸達也

 なるほドリ 平成に入ってインターネットがすごく普及(ふきゅう)したね。

 記者 1995年にパソコンを持っている世帯は100世帯あたり16世帯でしたが、20年後には5倍近くになりました。スマートフォンはもっと急激(きゅうげき)に広がっています。

 Q メールやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で簡単に連絡できるし、何でも調べられて便利だよね。

 A そうですね。ただ、その半面課題もあります。政府の内閣サイバーセキュリティセンターによると、政府機関を狙ったサイバー攻撃(こうげき)の脅威(きょうい)件数は2014年度に約399万件だったのがわずか2年後には約711万件に増えました。16年の経済産業省の報告書では、20年時点でセキュリティー分野を支える人材が19万人以上不足するという推計もあります。

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文614文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 菅首相「最終的には生活保護」 新型コロナでの困窮者支援で持論、野党から批判

  5. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです