メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

ベルヌの警笛=玉木研二

 <ka-ron>

 米宇宙船アポロ11号が初めて月に人間を送り込んだ1969年7月。わが家の原始的な五右衛(ごえ)門(もん)風呂のたき口に燃料を押し込みながら月を見上げ、あそこに、と不思議な感動を覚えたものだ。

 今度は民間人乗客が月の周回旅行をする計画が進む。SFの世界を現実が追うように、宇宙をめぐる新計画や構想、誇示がにぎやかだ。

 月旅行の物語は古代にさかのぼる。そして19世紀後半、産業社会の拡大と並走する科学とともに、多様なテ…

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです