メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

熊本 震災関連死女児の遺言 病院、一番安全な場所に=山下俊輔(西部報道部)

熊本市民病院と患者遺族の意見交換会に参加した花梨ちゃんの両親(手前)と、あいさつする大西一史市長=熊本市役所で2017年7月30日、城島勇人撮影

 北海道南西部の胆振(いぶり)地方を震源とする震度7の地震で、多くの病院が停電し患者が危機にさらされた。この事態に、私はある女の子を思い起こす。2016年4月の熊本地震。命を守るべき病院が機能不全に陥り、多くの患者が移送された。当時4歳で熊本市東区の熊本市民病院の集中治療室にいた女の子もその一人だった。退院後に幼稚園に通うことを夢みていたが、転院先で地震の5日後に亡くなり震災関連死と認定された。病院の防災が課題となる中、改めて幼い命が残した教訓を伝えたい。

この記事は有料記事です。

残り1818文字(全文2048文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです