メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の教訓

リーマン・ショック10年 インタビュー/4 「最後の貸手」再認識 全国銀行協会会長・藤原弘治氏(57)

=小原擁撮影

全国銀行協会会長(みずほ銀行頭取)藤原弘治氏(57)

 --リーマン・ブラザーズの破綻前、全銀協はどのように備えていたのですか。

 ◆遠く離れた米国に震源地があったため、どんな経路で、どの程度自分たちのビジネスに影響するのか、(協会に加入する)地域金融機関はかなり悩んでいた。全銀協としては毎月の理事会で全シナリオを検討し、備える必要があると呼びかけていた。

 --リーマン破綻後、信用不安から銀行間市場でドル不足が深刻化しました。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです