メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の教訓

リーマン・ショック10年 インタビュー/4 「最後の貸手」再認識 全国銀行協会会長・藤原弘治氏(57)

=小原擁撮影

全国銀行協会会長(みずほ銀行頭取)藤原弘治氏(57)

 --リーマン・ブラザーズの破綻前、全銀協はどのように備えていたのですか。

 ◆遠く離れた米国に震源地があったため、どんな経路で、どの程度自分たちのビジネスに影響するのか、(協会に加入する)地域金融機関はかなり悩んでいた。全銀協としては毎月の理事会で全シナリオを検討し、備える必要があると呼びかけていた。

 --リーマン破綻後、信用不安から銀行間市場でドル不足が深刻化しました。

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文930文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです